専門家に相談しましょう

一般の方々にとって、借地権を所有するようなケースとして考えられるのは、親類の家が借地権付きの物件で、遺産相続によって手に入ったというケースが多いです。この他にも、もともと借地権付きの物件として売られていた分譲住宅を購入した、というケースも考えられます。契約によって決められた地代を支払っていればなんら問題はありませんが、住宅が不要になって引き払いたいというケースでは、地主さんとの間でトラブルが発生することがあります。地主さんとしては継続して地代の収入を得たいわけですから、突然建物がいらないからという理由で契約解除になってしまうのは困ってしまうのです。こういった地主さんと借りている人とのトラブルは多いですが、それ故に既に裁判の前例が多く、有能な買取り業者さんならばたちまちに解決してくれることでしょう。

とはいえ、個人で解決しようとなると、あまりに専門用語が多過ぎてワケがわからなくなってしまいます。法律用語も不動産用語も飛び交う世界は、やはりその道のプロに頼んでおいた方が無難です。トラブルの際にはぜひ専門家へ相談してみてください。何が問題なのか、どうすれば解決できるのかについて的確なアドバイスをいただけることでしょう。

参照HP→http://syakuchi-kaitori.com
ピタットハウスは借地権買取りについて相談を受け付けています。

買取りされた借地権の使い道

借地権は土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てることのできる権利で、地主さんと契約を結んだ上で、月々賃料を支払う必要があります。一戸建て住宅の場合には、昨今では土地も建物も一緒に購入するのが通例ですが、マンションやアパートといった大きな建物を建てる際には、広大な土地が必要になり、そのため土地を購入するのではなく借りる、という方法はよくあるケースです。借地権付きのマンションなどは、不動産業界で働いている方ならば一度は目にしたことはあると思います。

この難解な借地権という権利は、世の中には欲しがる人もいます。土地が欲しいなら分かりますが、借地権が欲しいというのはいったいどういうことなのでしょうか。借地権を欲しがる人は、その土地に新たな住宅を建て、借地権付き物件として建売住宅を販売する方々となります。住宅を建てることはできても、建てるもとの土地が無い、というケースによく用いられる手法です。一見すると不要な物のようにも思える借地権ですが、このように使い方によっては有益な権利だといえます。ハウスメーカーや不動産屋さんなんかは、借地権の買取りを行ってくれることも多いため、不要な借地権は売却してみるのも1つの手です。

借地権と買取り業者

一戸建てのマイホームを建てようとすると、様々な物を購入しなければなりません。その代表になるのが「土地」と「建物」です。建物については更に細かく建材を選ぶ必要がありますが、おおよそのことはハウスメーカーが良い提案をしてくれることでしょう。さて、次に土地についてですが、一戸建ての場合、土地を購入するのが第一ですよね。まさか家を空中に浮かせるわけでもありませんので、土地を購入し、その土地に家を建てるのが一般的な流れになります。しかし、世の中にはちょっと違った方法で住宅を建てることがあります。その方法とは、土地は借りて、借りた土地に自分の住宅を建てる、というもの。つまり土地の所有者と住宅の所有者が乖離してしまう方法になります。少しちぐはぐなような形かもしれませんが、こういった方法がとられているケースも一般的にあります。それに関わってくるのが借地権という存在なのです。

借地権とは、簡単に言うと上記の例のように、土地を借りる権利のことで、この権利さえあればその土地の上に住宅を建てることも可能です。土地を借りる代わりに、当然地代を支払う必要があり、月々いくら、といった形で地主さんに対して賃料を払うのが一般的です。

ところで、この借地権の買取りをしてくれる業者がいることをご存知でしょうか。当サイトでは、借地権の買取りに関する基礎知識について、ご紹介していきます。借地権でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。