専門家に相談しましょう

一般の方々にとって、借地権を所有するようなケースとして考えられるのは、親類の家が借地権付きの物件で、遺産相続によって手に入ったというケースが多いです。この他にも、もともと借地権付きの物件として売られていた分譲住宅を購入した、というケースも考えられます。契約によって決められた地代を支払っていればなんら問題はありませんが、住宅が不要になって引き払いたいというケースでは、地主さんとの間でトラブルが発生することがあります。地主さんとしては継続して地代の収入を得たいわけですから、突然建物がいらないからという理由で契約解除になってしまうのは困ってしまうのです。こういった地主さんと借りている人とのトラブルは多いですが、それ故に既に裁判の前例が多く、有能な買取り業者さんならばたちまちに解決してくれることでしょう。

とはいえ、個人で解決しようとなると、あまりに専門用語が多過ぎてワケがわからなくなってしまいます。法律用語も不動産用語も飛び交う世界は、やはりその道のプロに頼んでおいた方が無難です。トラブルの際にはぜひ専門家へ相談してみてください。何が問題なのか、どうすれば解決できるのかについて的確なアドバイスをいただけることでしょう。

参照HP→http://syakuchi-kaitori.com
ピタットハウスは借地権買取りについて相談を受け付けています。